電気工事士対策ブログ

電気工事士の試験に向けた対策方法 1日1問を目指して頑張ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は3路スイッチに関する問題を出してみましょう。
これもよく出題されます。午後に4路スイッチを使った応用問題も出題してみますのでチェックしてみてください。

低圧屋内配線において電灯CLを2箇所で点灯させる回路は。
H15-2100301.jpg

さて今回の問題は回路が出てきて少し複雑ですね。複線図が登場してきました。
3路スイッチは階段等でよく見かけるスイッチです。階段を上がるときに電気をつけて上り終ったら消す。そんな回路はどうやったらできるでしょうか。

H15-21003002.jpg


この図を見てもらうと解るとおり、いまは回路が切断されているので電気が消えている状態。階段を上ろうとスイッチ1を押すと回路が全て繋がり、電気が点灯します。上り終わってスイッチを押すと再び回路が切断され電気が消えます。そのように回路が組まれたものを選び出すのが今回のポイントです。
 覚え方としてはそれぞれのスイッチの1-1,3-3が接続してあるものがまず、第一優先です。
この段階でイとロに絞られます。
イとロの違いは電灯が直列に接続された場合と並列に接続された場合の違いです。この直列・並列は次回やりたいと思いますが、ロの直列の場合は明るさが暗くなってしまいます。
通常使用される方法としては「イ」という答えになります。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://denkikoujisi.blog89.fc2.com/tb.php/9-e7ed0c6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。