電気工事士対策ブログ

電気工事士の試験に向けた対策方法 1日1問を目指して頑張ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
高圧・低圧・直流・交流に関する定義の問題

結構頻繁に出てきます。
これに類する問題が出ています。しっかり覚えましょう

それでは問題です。

電気設備基準で定められている交流の電圧区分で、正しいものは



  イ.低圧は600[V]以下、高圧は600[V]を超え10,000[V]以下
  ロ.低圧は600[V]以下、高圧は600[V]を超え7,000[V]以下
  ハ.低圧は750[V]以下、高圧は750[V]を超え10,000[V]以下
  ニ.低圧は750[V]以下、高圧は750[V]を超え7,000[V]以下

さて、答えはどれでしょう。【Read more・・・】にあります。






















    
電圧の種類 直流 交流
低圧 750V以下 600V以下
高圧 750Vを超え
7000V以下
600Vを超え
7000V以下
特別高圧 7000Vを超えるもの

という区分になっています。ですので、答えは「ロ」
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://denkikoujisi.blog89.fc2.com/tb.php/7-a2176417

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。