電気工事士対策ブログ

電気工事士の試験に向けた対策方法 1日1問を目指して頑張ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
電気工事の作業と使用工具の組み合わせで正しいものは
 イ 合成樹脂管      パイプレンチ

 ロ 合成樹脂線ぴ工事   リード型ねじきり器
 
 ハ 金属管工事      パイプベンダ

 ニ 金属線ぴ工事     ボルトクリッパ


                     (平成16年一般-14)
線ぴとは通常「モール」と呼ばれていて、見た目をすっきりさせたり、つまずきにくくするように電線を通す配線材料のことです。

FC2 Blog Ranking

人気blogランキングへ

答えは

「ハ」

ですが、リード型ねじきり器っていうのは





を組み合わせて使います。金属管にねじ山を切るための道具です。

ボルトクリッパは


という道具で、太い電線を切る時に使用します。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://denkikoujisi.blog89.fc2.com/tb.php/31-2e20d436

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。