電気工事士対策ブログ

電気工事士の試験に向けた対策方法 1日1問を目指して頑張ります

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日の続きからですね。
昨日はPF管と金属管というものをしましたが、まず今日は金属製の可とう電線管について
20070209121030.jpg


これをボックスに接続するための
20070209121046.jpg

ストレートボックスコネクタ

そして金属製可とう管と金属管を接続するのに使用されるのが
20070209121103.jpg

コンビネーションカップリングです。
この金属製可とう管を切るための道具が
20070209122330.jpg

プリカナイフといいます。


それから硬質塩化ビニル電線管(塩ビ管)をボックスに接続するための
20070209121158.jpg

2号ボックスコネクタといいます。
それから塩ビ管同士を接続するのに
20070209121240.jpg

TSカップリングを使用します。
塩ビ管を切るための器具は
20070209122339.jpg

塩ビカッター(合成樹脂管用カッター)といいます。
その後切った後の面取りに
20070209123305.jpg

面取器を使用します。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://denkikoujisi.blog89.fc2.com/tb.php/24-bbb40796

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。